vini della sardegna

サルデーニャの食べ物

サルデーニャのカーニバル料理 カヴォラータ

サルデーニャでは、カーニバルの時期にだけ食べる料理があります。その名は、カヴォラータ。イタリア語でキャベツのことをカーヴォロというのですが、キャベツが必ず入るのでその名前となります。地方によっては、ファーヴェ(ソラ豆)を入れるのでファヴァータと呼ぶ地域もあります。このカヴォラータは、大鍋でぐつぐつ煮るので、大勢で食べる料理。何時間も煮た豚肉はホロホロと口に中で崩れるがしっかりとうまみは残り、そのブロードを吸い込んだキャベツは、お肉を上回るおいしさ。
イタリア・サルデーニャ島

イタリア好き Vol.54 に記事を書かせて頂きました

フリーペーパー「イタリア好き」Vol.54に、記事を書かせていただきました。修道院特集のため、サルデーニャ島の修道院についても書きました。 「イタリア好き」は、日本各地のイタリア料理店や旅行会社HISに配布されています。是非、お手に取りごらんいただければ幸いです。
サルデーニャの食べ物

オルビアのムール貝

今はちょうど、ムール貝が旬の時期。先週末は、田舎の家で、魚介類を食べる会というようなものを行いました。鯛と大きなボラを薪でグリルしたほかに、大量のムール貝を持ってきた友人がいて、何キロあるの?と聞いたら、なんと25kgというではありませんか!
サルデーニャワインツアー

テヌーテ・アイーニ

ご案内させて頂いたワイナリーは、2車線道路をモンティで降り、ベルキッダ方面へかなり細い田舎道を数キロ走ったところにある、テヌーテ・アイーニ。リンバーラ山の麓のヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラDOCGの有名な産地のひとつです。
サルデーニャでトレッキング

プンタ・ラ・マルモラ サルデーニャで最も高い場所

サルデーニャ島で最も高い地点のプンタ・ラ・マルモラへ登りました。プンタ・ラ・マルモラは、ジェンナルジェントルの山岳地帯にあり、標高1834メートル。プンタ・ラ・マルモラは、政治家であり軍人であり、地図学者であった、アルベルト・ラ・マルモラ(1789-1863)の苗字に由来。というもの、アルベルト・ラ・マルモラはサルデーニャの自然や考古学や歴史に深い関心をよせ、サルデーニャについての2冊の本を出版したほか、サルデーニャの地図も作成した人なのです。弟のアルフォンソ・ラ・マルモラは、イタリア王国の首相も務めた政治家一家。
サルデーニャワイン

ポルト・チェルボ・ワイン&フード・フェスティバル 2023

サルデーニャ島の高級リゾート地、コスタズメラルダの中心にあるポルト・チェルボで毎年5月に開催される、ポルト・チェルボ・ワイン・フェスティバルへ行ってきました。
サルデーニャでトレッキング

冬のゴロップ

サルデーニャの有名なトレッキングコースであるゴロップ峡谷へ再び行ってきました。夏にはなかった、小さな湖ができていていました。その水の色の美しさといったら。途中の道には、コルベッツォロの赤い実。同時に咲く白い花から、サルデーニャの苦いはちみつができます。
サルデーニャの食べ物

サルデーニャのカーニバル料理

サルデーニャでは、カーニバルの時期に食べられる料理があります。その名は、カヴォラータ。サルデーニャのカーニバルを代表する料理です。
サルデーニャでトレッキング

サルデーニャで雪山登山

1月の中旬までは、お天気が良く、冬らしくない冬だったイタリア。例年よりも気温が8度から10度も高かったほど、あたたかい冬だったのが、一転して、悪天候となり、雨が降り寒くなりました。サルデーニャの地元新聞でも、雪のため、サルデーニャ島の内陸部...
イタリア・サルデーニャ島

サルデーニャのアグリツーリズモ

この前の日曜日は、所属してるイタリア山岳クラブの昼食会でした。場所は、サルデーニャ島第2の町、サッサリから車で15分ほどのアグリツーリズモ。アグリツーリズモとは、田舎にあり、酪農家やワイン生産者が経営のレストラン。宿泊施設があるアグリツーリズモもありますが、イタリア人にとってアグリツーリズモとは、田舎で大勢で食事をするところという認識です。