サルデーニャ

サルデーニャの日常

2021年のサルデーニャ島のパスクア(イースター)

4月4日の日曜日はパスクア(イースター)でした。イタリアでは、パスクア(イースター)の翌日の月曜日は、パスクエッタ(イースターマンデー)と呼ばれる祝日で連休。しかし、今年は、パスクア前日の土曜日からパスクエッタの月曜日までの3日間、イタリア全土がレッドゾーンとなったため、2020年のパスクア(イースター)に続き厳戒態勢での復活祭となりました。
サルデーニャの日常

イタリア・サルデーニャ島でも、新型コロナウイルスワクチン接種開始!

12月27日、イタリアで新型コロナウイルスワクチンの接種が始まりました。 クリスマス、サントステファノの祝日の後の日曜日なので、本当なのか?と思っていたところ、昨夜、カリアリ空港にイタリア空軍機で、180人分のファイザー・ビオンテック社のワクチンが到着し、パトカーに警備されながら病院へ運ばれました。
サルデーニャの日常

ロックダウンのクリスマス

イタリアの2020年のクリスマス、そして年末年始は、ほぼロックダウンとなっています。但し、例外付き。この例外のため、春のロックダウンよりもかなり緩やかな感じです。幸いにも、サルデーニャ州は、レッド、オレンジ、イエローのゾーン別の区分けがされた秋からはずっとイエローゾーンで、移動などの制限がなかったため、イタリア中をレッドゾーンにするというコンテ首相の発表を聞いたときは、やはり、また春の悪夢かという思いと、でもやはり、親戚や友人たちと集まってお祝いする機会の多い、クリスマスや年末年始の期間は、なんらかの規制をしないと羽目を外しすぎてしまうイタリア人も多いので、ちょっと規制をしてくれた方が安心という複雑な思いでした。
イタリア・サルデーニャ島

サルデーニャ島再びロックダウンとなるのか

もう、春のようなロックダウンはしないとイタリアのコンテ首相は言っていたが、ミラノやローマでの夜間外出禁止措置などを受けて、数日前から、サルデーニャ州で15日間のロックダウンをするかも、というニュースが流れている。7月までは、ほぼ、コロナウ...
サルデーニャワインツアー

リ・ドゥーニ ピエデフランコのヴェルメンティーノ

イタリア、サルデーニャ島北部の海の近くにある町(コムーネ)、バデージには、ピエデフランコで栽培されているヴェルメンティーノから作られるワインを生産するワイナリーがあります。ピエデフランコとは、アメリカ産の台木を用いず、自根で栽培する方法。 普通の木は、根から木のてっぺんまで、同一のものであることが通常ですが、ブドウの木は違います。
サルデーニャの日常

始まらない学校

サルデーニャ州の学校は、今日、9月22日から始まる予定でした。予定でしたと過去形で書いているのですが、サルデーニャの多くの学校が今日から始まっています。しかし、次女の高校から昨日メールがあり、新年度は、来週の9月29日からに延期となったと...
サルデーニャ

9月14日から、サルデーニャ島を訪れる人は

今朝は、雨と雷の音によって目が覚めました。昨日の午後の数時間も激しい雷雨。サルデーニャ島のなかでは、1日で1か月分の雨が降ったといわれるほどの大雨に見舞われた場所もありました。ずっと晴れの日が3か月も続いていたのですが、9月に入り、少し秋...
サルデーニャ

コロナウイルス、8月のサルデーニャ、フェッラゴスト後はやはり。。。

8月15日は、イタリアではフェッラゴスト(聖母被昇天の祝日)で、この日が、夏のバカンスの中心となります。 8月15日の前は、コロナウイルス渦中のイタリア・サルデーニャ島でもホテルなどは満室になり、イタリア人を中心としてたくさんの旅行者が、サルデーニャ島をコロナ禍の2020年の夏のバカンス先として選んでいます。
サルデーニャの食べ物

サルデーニャのタルトゥフォと牡蠣とムール貝

コラードが来る。数日前からその日を楽しみにしていました。コラードは、潜って魚介類をとる免許を持ったプロフェッショナル。サルデーニャは島だから、魚介類がおいしいだろうと皆さま想像されるのですが、歴史的に魚介類を食べる習慣が一部の地区を除いて...
サルデーニャの日常

イタリアの大学生

6月の下旬から、最高気温30度から34度くらい、最低気温が18度から20度くらい。海日和の晴れの暑い日が安定して続いているサルデーニャ島。高校生の下の娘は、既に6月7日から、3か月以上の夏休み。 対して、大学生の上の娘は、7月が後期...
タイトルとURLをコピーしました