ガッルーラ

イタリア・サルデーニャ島

Pevero Health Trail

人口密度の低いサルデーニャは、歩く(トレッキング、ハイキング)場所がたくさんあります。 サルデーニャでのトレッキングの魅力は、高い山に登らなくても、心躍る景色を堪能できること。 海を見ながら、海風を感じながら歩けるルートがたくさんあること。 2月の最後の日は、コスタズメラルダ(エメラルド海岸 Costa Smeralda)のぺヴェロ・ヘルス・トレイル Pevero Health Trail へ。
サルデーニャワインツアー

Monti Berchidda 秋の北サルデーニャワインツアー

2日目は、私の住んでいる町内(村内?)のワイナリー見学から、スタート。 私は、サルデーニャ州唯一のDOCGワイン、ヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラDOCGの重要な生産地に住んでおります。 まずは、カンティーナ・ディ・ヴェルメンティーノ・モンティ Cantina del Vermentino Monti へ。
イタリア・サルデーニャ島

ルオゴサント Luogosanto

サルデーニャ島北東部ガッルーラ地方に、ルオゴサントLuogosanto という名前の町がある。ルオゴは、場所、サント は、聖なるという意味。つまり、ルオゴサントは、聖なる場所という意味を持つ町。その名前の響きは、やはりこの町に何かがあるのではという静かな期待感に踊らされる。エレモ・サン・トラーノ。9世紀に生きたとされる、サン・二コラとサン・トラーノ。二人は、生涯を祈りに捧げる決意をし、ルオゴサントの人里離れた岩間や洞窟で、隠遁生活を送ったとされる。
サルデーニャ

サルデーニャの聖なる場所を探して

サルデーニャの遺跡といえばヌラーゲが有名なのですが、ヌラーゲの時代より少し前の時代(紀元前1800年頃)から、ヌラーゲ時代(紀元前1600年頃から紀元前1000年頃)にサルデーニャで多くつくられたものに、巨人の墓 (トンバ・ディ・ジガンティ)というものがあります。実はこのトンバ・ディ・ジガンティはパワースポットとも言われています。 特に、この Tomba di giganti di Li Mizzani は、別名、病を治すトンバ、とか、エネルギーのトンバも呼ばれています。
イタリア・サルデーニャ島

Degustazione Gallurese

Sant'Antonio di Gallura 近くの田舎の家でのデグスタチオーネに参加する機会がありました。玄関を入るとすぐに、パチパチと燃える暖炉が見え (年にもよりますが、4月のサルデーニャの丘陵地帯は、まだ、暖房が必要な日も多いです。)、自然な感じなのにが細部までこだわった居間には、
イタリア・サルデーニャ島

Lu Pulteddhu di Santu Santinu

サルデーニャは謎に満ちた島と呼ばれることもある。花崗岩の大きな岩板とタフォーニを用いた、サン・サンティーノ教会跡の洞窟のなかに、その小さな扉があった。 周囲の自然の洞窟の中に、明らかに人の手で積み上げられた石の小さな扉の上には、ジネプロのアーキトレーブまである。 なぜこんなところに、このような不思議なものが?!
ブドウ畑

ヤンカラ Jankara

ソムリエの友人が、訪問したいワイナリーがあるから、一緒に行こうと誘ってくれた。一度試飲してとてもおいしかったので、是非とも訪れたかったそうだ。Jankara と書いて、ヤンカラと読む。何と発音するのかな、ジャンカラと読むのかなどうかな、オーナーに会ったらすぐに聞いてみようと、友人と話していた。アルファベットの J はあまりイタリア語では使われないからだ。
タイトルとURLをコピーしました