イタリアワイン旅行

アグリツーリズモ

2019年のVinitalyでイタリアで最もおいしい赤ワインに選ばれたのは私の住んでいる村のワイナリー!

私の住んでいる、サルデーニャ島北東部の小さな村は、サルデーニャ唯一のDOCGワイン、Vermentino di Gallura DOCG (白ワイン) の 重要な生産地。私がこの村に住んでいると言うと、有名なワイナリー、カンティーナ・デル・ヴェルメンティーノがあるので、ああ、ヴェルメンティーノ(白ワイン)がおいしい村だよね、と言われるのだが、2019年のヴィーニタリー後は、あのイタリアで一番おいしい赤ワインのを作るワイナリー Cantina Tani がある村なんだよね、が加わりました。
サルデーニャ

ウンマーレディヴィーノ UnMarediVino

サルデーニャ北東部の町、ベルキッダには、カンティーナ・ソチャーレのほかに6つのワイナリーがある。人口3千人弱の小さな町としてはワイナリーの数は多い方であると思う。 それは、サルデーニャ唯一のDOCGワインの産地でもあるし、花崗岩のリンバーラ山の麓の谷間の丘陵地帯というワイン作りに適した環境であるからとも言える。
サルデーニャの食べ物

ズッパガッルレーゼとコンソルツィオ・サン・ミケーレ

サルデーニャには、キエーザ・カンペストレ chiesa campestre と呼ばれる、田舎にポツンと佇む教会が数多くある。日曜日のミサなどは行われず、普段は閉まっていることが多いが、一年に一回、盛大なお祭りをする。
サルデーニャワインツアー

Cantina Tondini

ポルトチェルボワインフェスティバルの数日前に、カンティーナ・トンディーニを訪れました。 1362メートルの銀色に光るリンバーラ山を望む、なだらかな丘陵地帯に広がるブドウ畑、サルデーニャの魅力は海だけではなくこんな自然の風景のなかにもあると思います。
ブドウ畑

ヤンカラ Jankara

ソムリエの友人が、訪問したいワイナリーがあるから、一緒に行こうと誘ってくれた。一度試飲してとてもおいしかったので、是非とも訪れたかったそうだ。Jankara と書いて、ヤンカラと読む。何と発音するのかな、ジャンカラと読むのかなどうかな、オーナーに会ったらすぐに聞いてみようと、友人と話していた。アルファベットの J はあまりイタリア語では使われないからだ。
サルデーニャワインツアー

Deperu Holler

復活祭の翌日の月曜日は、パスクエッタpasquettaと呼ばれる祝日なのですが、イタリアでは、この日は田舎でピクニックをする日ということになっています。 今年のパスクエッタは、友達の友達であるワイナリー、デペール ホッラーDeperu H...
タイトルとURLをコピーしました