ブドウ畑

サルデーニャワインツアー

Tenute Ledda

イタリアワイン輸入会社様のアテンド、通訳、一部アレンジをさせて頂きました。 サルデーニャのワインはどんどん進化していっていると感じた5日間。 その中のいくつかのワイナリーをご紹介していきたいと思っております。 まずは、レッダ Ledda。
アグリツーリズモ

2019年のVinitalyでイタリアで最もおいしい赤ワインに選ばれたのは私の住んでいる村のワイナリー!

私の住んでいる、サルデーニャ島北東部の小さな村は、サルデーニャ唯一のDOCGワイン、Vermentino di Gallura DOCG (白ワイン) の 重要な生産地。私がこの村に住んでいると言うと、有名なワイナリー、カンティーナ・デル・ヴェルメンティーノがあるので、ああ、ヴェルメンティーノ(白ワイン)がおいしい村だよね、と言われるのだが、2019年のヴィーニタリー後は、あのイタリアで一番おいしい赤ワインのを作るワイナリー Cantina Tani がある村なんだよね、が加わりました。
サルデーニャ

アルヴィジオナードゥとサルデーニャの温泉

イタリア・サルデーニャ州全体で、わずか20ヘクタールしか栽培されていない幻の土着品種、アルヴィジオナードゥ Arvisionadu。サルデーニャの人ですら、そのブドウ品種をを知っているは多くない。
サルデーニャ

ウンマーレディヴィーノ UnMarediVino

サルデーニャ北東部の町、ベルキッダには、カンティーナ・ソチャーレのほかに6つのワイナリーがある。人口3千人弱の小さな町としてはワイナリーの数は多い方であると思う。 それは、サルデーニャ唯一のDOCGワインの産地でもあるし、花崗岩のリンバーラ山の麓の谷間の丘陵地帯というワイン作りに適した環境であるからとも言える。
サルデーニャの祭り、イベント

アルジオラスのカンティーネ・アペルテ

カンティーネ・アペルテというイベントが年に一度、イタリアのワイナリーで開催されます。今年は、先週末に行われ、サルデーニャ州では、今年は、11のワイナリーで開催されました。 その中で、サルデーニャ島の最も有名なワイナリーの一つであるアルジオラス Argiolas へ行ってきました。
サルデーニャワインツアー

Panzale パンツァーレ

ドルガーリ Dorgali は、サルデーニャ東部の町。ボートツアーが出ているカーラ・ゴノーネ Cala Gonone からもそう遠くはないが、スプラモンテの山々に囲まれているため、またヌオーロ県に位置するため、バルバジア地方の文化を持つ。そのドルガーリにカンティーナを持つ、カンティーナ・べッリッタ Cantina Berritta
サルデーニャの食べ物

ズッパガッルレーゼとコンソルツィオ・サン・ミケーレ

サルデーニャには、キエーザ・カンペストレ chiesa campestre と呼ばれる、田舎にポツンと佇む教会が数多くある。日曜日のミサなどは行われず、普段は閉まっていることが多いが、一年に一回、盛大なお祭りをする。
サルデーニャの祭り、イベント

女性ワインの日

3月8日の女性の日に関連して、女性ワイン協会 Associazione Nazionale Le Donne del Vino は今年初めて、女性ワインの日 la Festa delle Donne del Vino と名付けられたイベントを先週末の土曜日、3月4日にイタリア各地で企画した。
サルデーニャワインツアー

Masone Mannu

再び、ソムリエなどの友人たちとともに、マゾネ・マンヌを訪れました。今回のテイスティングでは、コスタレナスのプライベートコレクション 2009年が強く印象に残りました。
サルデーニャワインツアー

Cantina Tondini

ポルトチェルボワインフェスティバルの数日前に、カンティーナ・トンディーニを訪れました。 1362メートルの銀色に光るリンバーラ山を望む、なだらかな丘陵地帯に広がるブドウ畑、サルデーニャの魅力は海だけではなくこんな自然の風景のなかにもあると思います。
タイトルとURLをコピーしました