サルデーニャの遺跡

眺めの良い巡礼地 ソス・ヌラトーロス

人口密度の低いサルデーニャ島には、サルデーニャの人々ですら知らないような、でも、びっくりするような景観と謎に包まれた場所があります。秋とは思えないような暖かさが続いている2020年11月のサルデーニャ島。天気予報を見ると、もうそろそろ風が変わって、この暖かさも終わりそうなので、標高1000メートルの見晴らしの良い場所へある遺跡へ行ってみました。
イタリア・サルデーニャ島

カーラ・ディ・ヴォルぺからリッシャ・ルイヤまでの海沿いを歩く。イタリアの一部の州で再びロックダウン

新型コロナウイルス禍に見舞われている、イタリア。7月までは、ほぼコロナウイルスフリーだったサルデーニャ島も例外ではありません。一日あたりの新規感染者数が、300人を超えるなど、サルデーニャ島でも3月よりもひどい状況となっています。8か月以...
イタリア・サルデーニャ島

ロックダウンは免れましたが。

昨日、10月26日から有効の首相令が日曜日に発表されました。とりあえずロックダウンは免れましたが、飲食店、学校などの制限があります。最も大きくかわったところは、バールやレストランの営業が夜の18時までとなったこと。これには、飲食店関係者か...
イタリア・サルデーニャ島

サルデーニャ島再びロックダウンとなるのか

もう、春のようなロックダウンはしないとイタリアのコンテ首相は言っていたが、ミラノやローマでの夜間外出禁止措置などを受けて、数日前から、サルデーニャ州で15日間のロックダウンをするかも、というニュースが流れている。7月までは、ほぼ、コロナウ...
サルデーニャワインツアー

リ・ドゥーニ ピエデフランコのヴェルメンティーノ

イタリア、サルデーニャ島北部の海の近くにある町(コムーネ)、バデージには、ピエデフランコで栽培されているヴェルメンティーノから作られるワインを生産するワイナリーがあります。ピエデフランコとは、アメリカ産の台木を用いず、自根で栽培する方法。 普通の木は、根から木のてっぺんまで、同一のものであることが通常ですが、ブドウの木は違います。
サルデーニャのビーチ、海

天国の海岸 コスタ・パラディーゾ

「天国海岸(コスタ・パラディーゾ)」という名前の海岸が、イタリア、サルデーニャ島北部にあります。コスタが海岸、パラディーゾが天国(英語ですと、パラダイスコースト)という意味。名前が、ちょっと大げさすぎると思っていたのですが、その名前に負けないような絶景の海岸です。サルデーニャ島には、地球上とは思えないような景色に巡り合うこともあります。この、パラダイスコーストも、その一つ。そのとてつもない美しさと、そこにたどり着くまでのびっくりするような景色にすっかり心を奪われてしまいました。
サルデーニャの日常

始まらない学校

サルデーニャ州の学校は、今日、9月22日から始まる予定でした。予定でしたと過去形で書いているのですが、サルデーニャの多くの学校が今日から始まっています。しかし、次女の高校から昨日メールがあり、新年度は、来週の9月29日からに延期となったと...
サルデーニャでトレッキング

カーラ ゴロリッツェ Cala Goloritzé トレッキングとサルデーニャの海

海にも行きたいけど、山歩きもしたいという時にぴったりの場所がサルデーニャ島にはいくつかあります。さらには、ビーチへ行くためには、トレッキングをしなければたどり着かないビーチもあります。夏にもおすすめのトレッキングコースと美しいビーチを両方楽しめるコースをご紹介いたします。カーラ ゴロリッツェ Cala Goloritzé。トリップアドバイザーで、毎年のようにイタリアのベスト10ビーチにも選ばれる有名ビーチ。
サルデーニャ

9月14日から、サルデーニャ島を訪れる人は

今朝は、雨と雷の音によって目が覚めました。昨日の午後の数時間も激しい雷雨。サルデーニャ島のなかでは、1日で1か月分の雨が降ったといわれるほどの大雨に見舞われた場所もありました。ずっと晴れの日が3か月も続いていたのですが、9月に入り、少し秋...
サルデーニャ

8月の付けが回ってきたサルデーニャ島、ベルルスコーニ元首相もコロナ陽性

8月のバカンスで広がってしまった新型コロナウイルスの付けが回ってきてしまっているサルデーニャ島。9月2日の新規感染者は73人。そして、亡くなった方も一人出てしまった。亡くなった方は、78才の男性で持病があったとのことだが、およそ2か月間、...
タイトルとURLをコピーしました