サルデーニャ

サルデーニャ

9月14日から、サルデーニャ島を訪れる人は

9月14日から、サルデーニャ島を訪れる人は、出発の48時間以内に新型コロナウイルスで陰性であったことを証明する書類を持参するか、もしくは、陰性が証明できない人は、サルデーニャ島に着いてから48時間以内に現地で、検査を受け、コロナ陰性を証明しなければならないこととなりました。
サルデーニャ

8月の付けが回ってきたサルデーニャ島、ベルルスコーニ元首相もコロナ陽性

9月2日の新規感染者は73人。亡くなった方も一人出てしまった。2020年8月のサルデーニャ島のカリアリ、オルビア、ゴルフォ・アランチ、ポルト・トーレスの4つの港の利用者数は、110万4千人。 142万4千人の2019年の8月と比較して、2020年8月にフェリーでの旅行者数は、コロナウイルスの渦中にありながら、22%減だっだけだ。
サルデーニャ

ポルト・チェルボのビリオネアでクラスター発生

イタリア各地でのディスコでの感染拡大を受け、ビリオネアのある、アルツァケーナの市長は、8月18日にアルツァケーナ市にあるディスコの事実上の休業を要請した。 この措置に怒った、ビリオネアの経営者、フラヴィオ・ブリアトーレ氏は、インスタグラムでアルツァケーナ市長に文句をたれ、アルツァケーナ市長もそれに反論し、メディア上で大ゲンカ。
サルデーニャ

コロナウイルス、8月のサルデーニャ、フェッラゴスト後はやはり。。。

8月15日は、イタリアではフェッラゴスト(聖母被昇天の祝日)で、この日が、夏のバカンスの中心となります。 8月15日の前は、コロナウイルス渦中のイタリア・サルデーニャ島でもホテルなどは満室になり、イタリア人を中心としてたくさんの旅行者が、サルデーニャ島を2020年の夏のバカンス先として選んでいます。
サルデーニャ

やっとマエストラーレが吹いた

今日は久しぶりにサルデーニャの特徴的な風である北西風の爽やかなマエストラーレと呼ばれる風が吹き、先週までの暑さを吹き飛ばしてくれています。 今日だけは、最高気温が30度を超えない予報。 このマエストラーレが吹くと、サルデーニャ島とコルシカ島を結ぶフェリーが運休になったりするので注意が必要です。
サルデーニャ

イタリア、EU域外からの入域制限の段階的解除

もう天気予報を見なくても良いくらい、毎日晴れの日が続き、暑い日が続いています。 時々行く海は、何度行っても、高揚感を覚えるほど、きれいな水の色。6月30日から、観光及びビジネス目的を含み、EU域外からのイタリア入国への段階的解除が始まり、日本を含む15か国が解除対象国となりました。
イタリア・サルデーニャ島

ロックダウン一部解除後一週間

5月4日月曜日から、ロックダウン段階的一部解除のフェーズ2に入ったイタリア。多少の自由な移動で、感染拡大などはどうなのか心配していた中、サルデーニャ州は、7日間連続で、新型コロナウイルスによる死亡者ゼロが続き、少しほっとしています。サルデーニャ州はイタリアのなかでも、新型コロナウイルスによる感染者や亡くなった方が少ない州の一つで、イタリア全体のほぼ0.1%の感染者数。 
イタリア・サルデーニャ島

サンテフィジオ祭 Sant’Efisio 2020

サルデーニャの最も華やかなお祭り、サンテフィジオ祭。 通常は、5月1日から5月4日まで4日間に渡り徒歩で行列が行われる。カリアリを出発し、殉教地のノーラまで行き、再び5月4日の夜にカリアリへ戻ってくる。 その中でも5月1日は、ミサの後、カリアリの街の中を練り歩く行列があり、多くの人で賑わう。 しかし、5月3日まで、ロックダウンが続いているため、今年の5月1日は、全く様相の違うサンテフィジオ祭となった。限られた人のみの参加のミサ、誰もいないがらんとしたカリアリの街。 聖エフィジオも、背中に黒いリボンをつけ、カラーと袖口も黒い喪服姿となった。
イタリア・サルデーニャ島

サルデーニャの日 Sa Die de sa Sardigna

4月28日は、サ・ディエ・デ・サ・サルディーニャ Sa Die de sa Sardigna, つまり、サルデーニャの日です。 サルデーニャだけで祝われるサルデーニャの日。 なぜ、4月28日がサルデーニャの日になったのかというと・・・
イタリア・サルデーニャ島

フェーズ 2

少しずつ、Covid-19から解放されつつあるイタリア。 4月27日からは、本屋、文房具店、新生児及び子供服の店が開けても良いことになる。 5月4日からフェーズ2になるとのコンテ首相からの発表。 現在のフェーズ1から、段階的に少しずつ自由になる。イタリアも現在の期間は、5月3日まで、連休の真っ最中。4月25日の解放記念日。5月1日のメーデー。サルデーニャ州は、4月28日はサルデーニャの日で祝日です。
タイトルとURLをコピーしました