コロナウイルス、8月のサルデーニャ、フェッラゴスト後はやはり。。。

コスタズメラルダのビーチ サルデーニャ

8月15日は、イタリアではフェッラゴスト(聖母被昇天の祝日)で、この日が、夏のバカンスの中心となります。
8月15日の前は、コロナウイルス渦中のイタリア・サルデーニャ島でもホテルなどは満室になり、イタリア人を中心としてたくさんの旅行者が、サルデーニャ島を2020年の夏のバカンス先として選んでいます。

でもやはり想像していた通り、フェッラゴストを過ぎた後から、イタリア及び、サルデーニャ島での新型コロナウイルスの感染が拡大しています。
そのため、イタリアでは、8月16日から、屋外であっても、夕方18時から朝の6時まではマスク着用が義務付けられ、ディスコも閉鎖。
これは、主に若年層が感染の主流となりつつあり、夜の外出を規制するためかと思われます。

まず、 マグロで有名なサン・ピエトロ島のカルロフォルテで 7月31日のディスコでのパーティと8月4日の誕生日会が感染源となり、感染者が見つかりました。
800件以上のPCR検査を行い、21名の陽性者が判明しましたが、感染経路などを解明。8月14日にカルロフォルテ市長は、島の安全宣言を発表。

また、ベルルスコーニ元首相の別荘もあるポルト・ロトンドの有名なディスコで、ローマ北部在住の若者たちが主な客だったプライベートパーティが8月9日に開かれ、そのパーティで働いた有名DJの新型コロナウイルス陽性が判明。
ローマへ帰った18才から20才の若者たちも、6名の陽性者が判明。有名人の息子なども含めて500名以上が参加したパーティだったため、これからまだ、ローマでの感染者も増えると予想されています。

さらに、8月16日には、美しい海で有名なラ・マッダレーナ諸島のサント・ステファノ島のリゾートホテルの従業員の感染が確認されたため、470人の宿泊客及び従業員が、PCR検査を受けるまで、ホテル敷地内から出られないこととなりました。
今日(8月19日)現在まで、470名全ての検査を終え、150人のPCR検査結果が出て、そのうちの10名の陽性が判明。
陰性の人を家へ帰してよいのかどうかは、まだ、検討中だそうです。
Covid フリーであった、ラ・マッダレーナ諸島は、マッダレーナ島の住民1人の感染も確認され、日中の屋外でも、マッダレーナ島旧市街では、マスクの着用が義務付けられています。

小さな町でも、スペインやマルタ島からのバカンスから帰ってきたサルデーニャの人が感染していたケース。
イタリア北部のロンバルディアからバカンスへ来た人が、ロンバルディアでPCR検査を受けたのにも関わらず、その結果を待たないで15日にサルデーニャ島へバカンスへ来たら、18日に結果が出て陽性だったケース。
ポルト・チェルボで、陽性と判断されたローマ近郊出身の人が、自宅隔離していなければならなかったのにもかかわらず、ローマへ勝手に帰ってしまったなどなど。
一応、全て、どのような経路でサルデーニャ島へ出入りして、その後どこにいるのかというのは、確認しているようですが、やはり、バカンスのために、行き来をかなり自由にしてしまった結果が今、出ているように思います。
ずっと、ロックダウンをして家に閉じこもっているわけにはいきませんが、やはり、ロックダウン中に描いていたコントロール、そして、「理論上は」そうしなければならないことを皆が守らなかったり。。。

ただ、連日30度を超える暑さのなか、こんなに暑いのに皆マスクをするのかと思っていたのですが、スーパーマーケットや店舗などでは、皆マスクをしています。

サルデーニャに3つある空港でも、危険地帯とされる、スペイン、マルタ島、ギリシャ、クロアチアから帰ってくる人には、空港でPCR検査が行われるようになりました。

8月15日のフェッラゴストの祝日を過ぎると、皆、少しずつ、バカンスモードから仕事や学校モードへと変わります。
現在のところ、学校は9月半ばに再開との予定ですが、どうなのか皆、半信半疑。日々のニュースをチェックする必要があります。
でも、ディスコを開けておいて、学校を開けない国っていうのも。。。と思います。

上の写真は、先週のコスタズメラルダのぺヴェロビーチ。毎年コスタズメラルダにやってくる全長156メートルのスーパーメガヨットDilbarをはじめ、豪華なクルーザーがたくさん停泊していました。

世界最大セーリングヨット”A”(ヨットの名前の由来は、所有者のロシア人大富豪の奥様の名前Alexandraさんの頭文字)も、コスタズメラルダへやってきました。私の写真ではあまりわかりづらいですが、実際に見ると、とてもエレガント。
142.8メートル、価格は4億2500万ユーロ(およそ530億円)だそうです。

世界最大セーリングヨット"A"
丸で囲んであるのが、世界最大セーリングヨット”A”

8月19日のサルデーニャ島のコロナウイルスの状況です。
入院患者は11名。集中治療室の入院患者数はゼロ。
143名が自宅で隔離措置。
新型コロナウイルス発生から現在までに120218件のPCR検査がサルデーニャ州で行われた。

タイトルとURLをコピーしました