ミルト mirto

ミルト イタリア・サルデーニャ島

サルデーニャの食後酒といえば、ミルト mirto。
イタリアの食後酒では、レモンから作られるリモンチェッロが有名ですが、サルデーニャのレストランやアグリツーリズモでは、食後に、ミルト、グラッパ、リモンチェッロの3種類がどこに行ってもでてきます。

サルデーニャの食後酒ミルト


ミルトは、地中海、特にサルデーニャ島とコルシカ島に自生する低木。サルデーニャでは、ちょっと田舎へ行くとあちらこちらに自然に生えています。ミルトは、消化を助ける役割のほか、呼吸器系の炎症を抑えたり、殺菌作用などの効用があり、昔から薬用としても用いられてきた植物。

ミルト
丘陵地帯に自生するミルト

エメラルド海岸に自生するミルト
コスタズメラルダの海の近くに自生しているミルト

冬に濃い紫の小さな実をつけ、その実からミルト酒を作ります。
自家製ミルト酒を作る人も結構います。梅酒みたいなかんじでしょうか。私も今年初めて自家製ミルト酒を作ってみました。
ミルトの葉も実と同じ香りがあり、サルデーニャの名物料理、ポルチェットサルドの下に敷いたりしてほんの少し香りをつけたりします。
ミルトの葉は、ミルトの実と同じ香りがします。実と葉っぱが同じ匂いというのは珍しいですよね。

ポルチェットとミルト
炭鉱跡、Porto Flavia 近くで食べた炭鉱夫のポルチェット。焼きたてをすぐに食べずに、1日おいてから食べるという珍しいもの。

隣村、サルデーニャ島北東部ガッルーラ地方のテルティ Teltiは、ミルトで有名な村。 夏には、ミルト祭り Sagra del Mirto も行われます。 村の入り口には、ミルトの町 Città del Mirto の標識もたっています。
そのため、ミルトの生産者は多いのですが、私が一番おいしいと思うのは、ペトラ・マンナ Petra Mannaという生産者。
ちょっと前にイタリアのNHK、Rai のLinea Verde という番組で、サルデーニャ特集をしていたのを見ていた時に、ペトラ・マンナでのミルトの栽培などの様子が放送されていました。ここのミルトが一番おいしいと思うんだけど、と話したらなんと、パ-トナーがペトラ・マンナのフランチェスコと友達だというではありませんか。
そんなことがあってからしばらくして、Sawako はガイドなんでしょ?ワイナリー見学みたいに、ミルト生産見学とか試飲をかもしてるから見においでよーというお誘いをフランチェスコから頂きさっそく、行ってきました。

サルデーニャ ミルト
門を通ってから。畑はどこ~
ミルト畑
6月のはじめのミルト畑
リネアヴェルデ ミルト
リネアヴェルデで放送されたのはちょうど収穫の時期

ペトラ・マンナのフランチェスコが家族経営のテヌータを案内してくれました。
ミルトは、基本的にはほってといても生える木なので、完全に無農薬。
こちらは、Rai でも放送されていたように、一直線に植えてミルトを栽培している。収穫から瓶詰めまで、すべて手作業。家族に代々伝わるレシピに基づいて、ミルト酒を作っている。

社名の由来となった一枚岩の一部。下は断崖絶壁です。

テヌータの名前、ペトラ・マンナ(サルデーニャの方言で大きな石という意味)の由来となった、グラニート(花崗岩)の一枚岩。
そこからの眺めは、かなりドキドキしました。
ここを訪れた人は、必ず、びっくりして、写真を撮るそうです。
私もその一人。

サルデーニャガイド
Rai ではここで乾杯してました。

ミルト以外にも、豚やガッリーナを飼っていたり、麦まで栽培している。母乳だけを飲んだ子豚 マイアレット・ダ・ラッテ maialetto da latte は、サルデーニャの名物料理、マイアレット・サルドとなる。

maialetto da latte
生まれて5日目の子豚
ミルトのババロア

ミルトは食後酒として、小さなガラスのコップで飲むのが一般的だが、サンタ・テレーザ・ディ・ガッルーラ Santa Teresa di Galluraにあるウンベルトのレストラン S’Andira で食べたミルトのババロア La Bavarese al Mirto はデリケートなお味でとってもおいしかった。

サルデーニャガイドとミルトの生産者を訪ねてみませんか? お問い合わせは、こちらまで。お待ちしております。

タイトルとURLをコピーしました