イタリア・サルデーニャ島

イタリア・サルデーニャ島

ナイフで有名なサルデーニャのパターダ村

サルデーニャ島には、サントゥ・ルッスルジュやアルブス、グスピニなどいくつかのナイフで有名な村がある。パターダ村はその一つ。サッサリ県では最も標高の高い場所にあるコムーネ(地方自治体の最小単位)。冬の寒さは厳しく、雪も降る。人口はおよそ3千人。人里離れた村へたどり着くためには、オルビア-サッサリを結ぶ幹線道路を降りてから、カーブの続く坂道を何十キロも上らなければならない。家からは、50kmほどとそんなに遠くないのだが、あまり訪れたことのない村であった。
イタリア・サルデーニャ島

2022年イタリアの学校の冬休み明け新学期

イタリアの学校の冬休み明けの新学期は州や基礎自治体によって多少違うが、通常1月7日に始まる。1月6日がベファーナの祝日のため、その日で冬休みは終わる。しかし、コロナ禍の2022年。イタリアではクリスマス前からものすごい勢いで毎日の感染者数が増えた。人口165万人のサルデーニャ州でも1日の新規感染者が1000人を超える日が続き、
イタリア・サルデーニャ島

サルデーニャの2021年クリスマスのコロナ状況

今年のイタリアのクリスマス、年末年始は昨年のようなロックダウンや夜間外出禁止令はなく、一見ふつうのクリスマスのようなのですが、感染者数は増えています。そしてクリスマス直前のイタリア政府の閣議決定により、大晦日恒例の広場での野外コンサートやフェスタは禁止となりました。この措置により、アルゲーロで予定されていたジューシー・フェレーリの大晦日のコンサートも中止。
イタリア・サルデーニャ島

サルデーニャ島とローマ、ミラノを結ぶ航空会社がボロテア航空に

今まで、サルデーニャ島とローマ・ミラノを結んでいる便は、エアー・イタリー(旧メリディアーナ航空)やアリタリア航空だったのですが、ITAとなったアリタリアとの交渉がうまくいかず、10月15日から、スペインのローコストエアライン、ボロテア航空 Volotea が、サルデーニャ島のカリアリ空港、アルゲーロ空港、オルビア空港とローマのフィウミッチーノ空港とミラノのリナーテ空港を結ぶこととなりました。
イタリア・サルデーニャ島

車を買いにサルデーニャ島からイタリア本土へ

8月下旬に車を買いにサルデーニャ島からイタリア本土へ行ってきたときのことを書こうと思います。コロナのワクチン接種が始まり、当初想像していたよりも奇跡的に順調に接種が進み、これだったら家族全員が2回目のコロナワクチン接種をしてから、ちょっと安心して旅行も兼ねて車を買いにサルデーニャ島からイタリア本土へ行こうと考えました。
イタリア・サルデーニャ島

サルデーニャ島で見るべきカーニバル

サルデーニャ島のおすすめのカーニバルは、サルデーニャ島西部の町、オリスターノのサルティリア、そして、サルデーニャ島内陸部のマモイアーダ村のマムトーネス。独特の文化を持つサルデーニャ島のカーニバル。マモイアーダ村のカーニバルには、マムトーネスとイッソアドレスという二人の登場人物がいます。
イタリア・サルデーニャ島

イタリアの大学卒業

コロナ禍の中、先週、娘が110点満点プラス賛辞(最優秀)の成績でイタリアの大学を卒業致しました。現在、コロナ第二波に襲われているイタリアでは、春のロックダウンを経て半年ぶりに学校が9月の新学期に再開したものの、ほんの数週間で、高校や大学は...
イタリア・サルデーニャ島

カーラ・ディ・ヴォルぺからリッシャ・ルイヤまでの海沿いを歩く。イタリアの一部の州で再びロックダウン

11月とは思えないくらい天気の良い暖かな日の午後に、夏はヨーロッパ中から美しい海を求める人々で賑わう、カーラ・ディ・ヴォルぺからリッシャ・ルイヤ・ビーチまでエメラルド海岸(コスタズメラルダ)のビーチ沿いを歩いてみました。夏の喧騒が嘘のようで、このような静かなサルデーニャ島も好きです。
イタリア・サルデーニャ島

ロックダウンは免れましたが。

昨日、10月26日から有効の首相令が日曜日に発表されました。とりあえずロックダウンは免れましたが、飲食店、学校などの制限があります。最も大きくかわったところは、バールやレストランの営業が夜の18時までとなったこと。これには、飲食店関係者か...
イタリア・サルデーニャ島

サルデーニャ島再びロックダウンとなるのか

もう、春のようなロックダウンはしないとイタリアのコンテ首相は言っていたが、ミラノやローマでの夜間外出禁止措置などを受けて、数日前から、サルデーニャ州で15日間のロックダウンをするかも、というニュースが流れている。7月までは、ほぼ、コロナウ...
タイトルとURLをコピーしました